タイトル画像

【企画】嵐山ステージ(途中)

2015.02.15(22:23) 29

 実はかなり前から MMD 用のステージに、京都の嵯峨野一帯(嵐山付近)をモデリングして背景として作ろうと企てていまして、他の作業の傍らにチマチマと等高線をトレースして、やっとそれらしい形になるまで作りました。
嵐山 google map

 そしたらポリゴン数がどえらい事になってなってしまって(;-ω-)
どうしたものかと他のモデルを見てみたところ、遠景は思い切って板ポリにしていることが多いようですね。

 このモデルは地形が命なので、メインの嵐山と小倉山はポリゴンのままなんとかしたいです。
となると、やはり奥に見えている愛宕山の手前から左大文字に向けて連なっている山脈が板ポリ化に適しているようです。
Arashiyama wireframe.png Arashiyama solid.png
 ではどこから見た視点を基準にして板ポリとして描くか(手描きですよ;)決めないといけないですよね。

 おいらは中ノ島を基準にしました。というのも、ここからしかその山脈は見えないからですね(・ε・)
ちょっと渡月橋に繋がるメインの通に入ると、すぐに建物でこの山脈は隠れてしまいます。

 中ノ島から渡月橋を見たという想定で、現実の風景と重ねてみました。
球体は光の方向や加減を見るために置いています。
atago-yama 3D.png
atago-yama overlap.png
atago-yama Photo.png

 概ね一致。実はモデリング時の山の高さは高くなりすぎているので、後で高さを0.8倍に縮めてあるんですよね。

 まぁしかし……あれですな。
こういった夕方の光の加減とか板ポリだと出来なくなるので、時間は昼に固定ですね(・ω・`)

 いつになるか分かりませんが、完成させて配布したいと思っているのでそのときはよろしくお願いいたしますm(_ _)m



[余談]
 それにしてもこの地形……自然に出来たものにしてはとても良いデザインですよね。
きれいな小川が、これまたきれいな紅葉で彩られた山の間を抜けていく。
絵に描いたかのように理想的な空間ですよね。

 カメラのフライトモード( Shift+F )で山の間を飛び回っていると、何か自然の持つ畏れ大きな力を感じます。

 あと全然関係ないけど、ペルソナ4のマップ画面を見たときに、嵐山になんか似てると思ったのっておいらだけでしょうか?(*・ω・)
関連記事
スポンサーサイト

超エキサイティン! フンストンの3DCG至難の書


<<タイマーの作り方【BGE】 | ホームへ | 【BGE】カメラ切り替え(Switching Camera)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funstone.blog.fc2.com/tb.php/29-419dd9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)