タイトル画像

環境マップ(environment Map)

2013.09.23(06:53) 11

 動画などを制作するにあたってレンダリング時間を短縮したい!
という願いを叶えてくれるのがこちら、環境マップ。
 blender では Environment Map (インバイロメント/エンバイロメント マップ)と呼び、偽の反射を司る神です。

ではさっそく説明用の画像を……(*・ω・)つEnvironment Map_001.png
※文字がつぶれて見えないという人は画像の上で右をクリックして、別タブで画像だけ開いてください。

【仕組み】
 オブジェクトの中心から見た全方向(立方の6方向分)のレンダリング画像を作り、それを反射した景色と見立ててオブジェクトの周りに貼り付ける。あとはカメラから飛び出た Ray がオブジェクトのサーフェイスに当たり、それが跳ね返った先にテクスチャがあるというわけです。

【手順】
 まず画像の設定項目にある通りに設定してみてください。特に赤線を引いたところは絶対に欠かしてはいけない設定なので抜けが無いように気を付けてください。 (とても楽な説明←)
 設定が全て済んだあとでレンダリングするとマップが作成されます。←ここ重要

【各パネルの説明】
▼Preview
 レンダリングするまでは反映されない。

▼Colors
 使わないので割愛。

▼Environment Map
 [Static]  :最初のレンダリング時のみマップ作成。オブジェクトが動かない場合に使う。
 [Animated] :フレーム毎にマップ作成。アニメーション作成時に使う設定。
 [Image File]:HDD に保存していたファイルを使う。
 [▼]作ったマップを画像としてセーブ・ロードできる。キャッシュの消去もできる。

 Mapping:
  (マッピングの方式):plane と cube があるが、基本的に cube しか使わない……と思う。
 Viewpoint Object:
  (視点にする立体):景色を反射させたいオブジェクトを選ぶ。(他の物も選べる)

 Ignore Layers:
 (無視するレイヤー):予め反射させたくない物体の居るレイヤー選択しておくことで、不自然な反射に見えないようにするための機能。 例えば車などのオブジェクトの中心にマップ用の視点がある場合は自分自身や内装部分は除外したい。そういう時に使うものらしい。

 Resolusion: マップの解像度。(初期値:600)
 Depth: 反射の回数。最大で5回まで。
 Clipping: マップ作成用のカメラのクリップ指定。

▼Environment Map Sampling
 Filter: アンチエイリアスに使うフィルターを選択するところのようです。
  Box: ボックスフィルター
    小難しい話なので詳しくはこちらの Wiki で見てください[アンチエイリアス]
  EWA: 楕円的加重アベレージ関数??? わからん!
  FELINE: 高品質だけど遅いボカシ処理。
  Area: 同上。

  Filter Size: マップのボカシ具合の調整。
  Minimum Filter Size: フィルターサイズを最小フィルター値(ピクセル)として使用する。(?)

 個人的にはどのフィルターを使っても目に見えるようなハッキリとした違いは感じられなかった。

▼Mapping
▼Infuluence
▼Custom Properties これらのパネルは他のテクスチャのマッピングと同じ。


[おまけ]
Ccube_HD.jpg
PORTAL のコンパニオンキューブたん作った(*・ω・) 金属質な部分に環境マップを使っているんだけど分かり辛い(-_-;)
関連記事
スポンサーサイト

超エキサイティン! フンストンの3DCG至難の書


<<被写界深度表現 | ホームへ | News.001>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funstone.blog.fc2.com/tb.php/11-499f1183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)